初心者だって株式取引がしたい!【未来のアナタは投資マスター】

お金

取引に必要な費用を抑える

売買手数料を安くする

お金

証券会社は客からの注文を受けて、株の売買を代行する会社ですが、どのようにして利益を上げているのかというと、売買時に手数料を取って会社の収入にしています。なので、インターネットで取引が出来るようになる前は、証券会社から電話がかかってきたり、あるいは社員が客の家に訪問したりして、優良の株があるから買った方がいいといったことを勧めてきました。これは、客に株の取引をしてもらって手数料を得るための働きかけです。つまり、客の立場からすれば、その手数料が安い証券会社を探せば、株の売買を少ない金額で行えることになります。もし、一日に何度も取引をするという人であれば、一日、何回売買をしても手数料は定額というプランを利用することで安く抑えることが可能です。

オンラインと電話での注文

では、オンライントレードと電話などによる注文で手数料の差はあるのでしょうか。これはかなりあると言っていいです。電話での注文は、当然、証券会社の社員が対応することになるので、その人件費が手数料に反映され、高くなってしまうのです。しかし、インターネットを使ったオンライントレードであれば、売買の処理はコンピューターでダイレクトに行えるので、手数料は安く済むのです。その他にもオンライントレードにはメリットがあります。たとえば、大きなニュースなどが流れたときに、すぐに対応が出来るという点です。今、利益を多く出しているトレーダーは、モニターを数台用意して、リアルタイムでニュースを見ながら株のチャートをチェックして、何かあったらすぐに売買を行うのが普通です。